岩盤浴の特徴

岩盤浴は、温めた天然石や岩石を囲う板ベッドの上で横になり、汗をかくサウナ形式のお風呂の一種です。
岩盤浴は温石療法として医療に利用され、中国では紀元前数千年前からその効果が科学的に研究・立証されたものです。


お湯の要らないお風呂と呼ばれています。
サウナ以上の発刊作用が得られます。

発汗だけでなく、鉱石の遠赤外線による温熱効果と、マイナスイオン効果で結構と代謝が促進され、汗と一緒に老廃物が排出されます。
岩盤浴の時の汗は運動した時に出る汗とは異なります。


汗特有の匂いもなくさらさらしており、シャワーで洗い流す必要がありません。
岩盤浴ならこちらの効果が得られます。

遠赤外線効果・アンチエイジング効果・マイナスイオン効果・ダイエット効果・デトックス効果と、大きく5つの効果を得られます。


岩盤浴では入浴前に発汗に伴う水分不足を補います。

その後、浴床の上にバスタオルなどを敷き、腹ばいになって5分ほど入浴します。

名古屋のエステに行ってきました

仰向けになり10分ほど入浴し、5分ほど休憩室で休みます。
水分が発汗されるので、水分補給が必要となります。

もう一回くらい入浴し、十分発汗します。



その際は無理は禁物です。



最後に汗を拭いて着替えます。

シャワーで洗い流す必要はないので、最後はお好みでシャワーを浴びます。岩盤浴ではこのように入浴し、5つの効果を一度に得られます。

また癒されながら楽に発汗できるのが岩盤浴です。

これらが岩盤浴の特徴といえます。